aga治療は薬を使った治療が注目されています

男性の頭髪に薄毛をもたらす原因には様々なものが関連している可能性があります。頭皮の汚れや血行の悪化、食生活の偏り、睡眠不足やストレスなどの生活習慣が大きく関わる一方、agaという病気ににも注目が集まっています。このahaは頭皮の特殊な酵素と男性ホルモンが相まって頭髪の成長サイクルを乱す物質を分泌してしまう病気のこと。遺伝などによって発症するこの病気を治療するには然るべき医療機関の受診が不可欠です。そこではまず血液検査や遺伝子検査によってagaの発症の有無を特定した上で、aga治療の特効薬を処方して症状を緩和していくことになります。これらの専門の医療機関においては一体どのような薬を使ったaga治療が提供されているのでしょうか。その典型的なものを挙げてみたいと思います。

錠剤や育毛剤を用いたaga治療によって症状が大きく緩和

これらの医療機関で最も用いられるのがフィナステリドという成分を配合したプロペシアという錠剤です。これを1日1錠ずつ服用すると頭皮の特殊な酵素の働きを抑制することができ、この効果によって男性ホルモンとの反応によって頭髪の成長を阻害する物質を作り出すのを防ぐことが可能となります。このようにしてagaの悪化や抜け毛の増加を止めると同時に、ミノキシジルを配合した育毛剤を頭皮に塗布することで毛細血管を拡張させます。すると血流量が増えると同時に栄養分の補給も増進され、これによって細胞分裂が加速化して頭髪が健康的な状態を取り戻すことができるのです。ただしプロペシアやミノキシジルには使用することで副作用を引き起こすリスクも存在することから、もしも使用中に違和感を持った時には一旦やめて、医師に相談することが求められるでしょう。

薬剤を頭皮に注射する最先端の治療法も人気

医療機関ではこの他にも様々なaga治療を提供しています。飲み薬や育毛剤は確かな効果があるものの、しかし毎日使用し続けることで数ヶ月から半年ほど経った時点でようやく発毛を実感することが可能となります。その一方で、即効性の高い治療方法も存在します。それが注射を用いた施術です。注射するエキスには成長因子や栄養分などが含まれており、薄毛部分に適度に液体を注入していくことによって頭髪の根本となる毛母細胞が細胞分裂を加速させて毛髪の成長を活性化させていくのを促す事が可能となります。これらの注射を用いた施術には様々な成分がカクテル上に混ぜ合わされており、これらの内容によって治療費も発毛効果も大きく異なっていきます。どれが自分に最適なのかは医師との相談によってじっくりと結論を出す事が望ましいでしょう。