薬を使ったaga治療の最新情報

男性として生まれたからには非常に気になってくるのが、agaの症状です。男性型脱毛症と呼ばれる症状で、薄毛になって頭部の地肌が透けて見える、もしくははっきりと露出してしまうのが怖い存在です。見た目がとても老けて見えがちですので、若々しさを保ちたいなら、agaの状態にはできるだけなりたくないものでしょう。なりたくなくても体質によって発症するもので、原因もはっきりしませんから、発症してしまえば何とか対策を練るしかありません。とはいえ、今では治療ができるほど医療技術が頼もしく変化していますので、この方法に頼ればagaの辛さを軽減することができるでしょう。基本的aga治療の薬を用いることで、改善を目指すようにします。この治療方法についての最新情報をお届けします。

フィナステリドの商品の種類が増えた

現在、最も信頼されているaga治療の薬として使われているのが、フィナステリドが配合されたものです。とても有名な商品が存在しており、この成分を服用することで、毛のサイクルを妨げてしまう悪玉男性ホルモンのDHTの発生を促す、5αリダクターゼを阻害することができます。おかげでagaの進行を抑えられるという訳です。発毛効果も同時に得たいなら、血管の拡張効果があるミノキシジルを併用すると効率が良くなります。割と従来から使われてきたフィナステリドですが、最新情報ではジェネリックが登場したことで、話題になっています。従来の商品とは違って莫大な開発費が不要なため、安くフィナステリドを使えるメリットがあります。多くの大手メーカーが製造販売しており、agaクリニックでも普通に処方してくれます。

さらに高い効果が発揮されるデュタステリドの登場

優れた効果のあるフィナステリドですが、つい最近これとはまた違う成分を用いたaga治療の薬が使われるようになりました。デュタステリドという成分が使われており、基本的な効果効能はフィナステリドと殆ど変わりません。しかし、デュタステリドにはフィナステリドよりも優れた部分があります。agaを進行させてしまうDHTの原因となる、5αリダクターゼを阻害する効果が高くなっています。フィナステリドでは1種類の5αリダクターゼを阻害することしか出来ませんでしたが、デュタステリドならば2種類の5αリダクターゼを阻害する効果があります。よりagaの原因を抑えることができますから、従来の治療ではあまり効果が発揮されなかった人でも期待が持てるようになります。日本では2015年に承認された、新しい治療成分です。