薬を使ったaga治療とはどんな治療か

男性にとって薄毛症状の発症は精神的にも大きなダメージを被るものです。これらはできるだけ早期に対策を行うことで改善効果が得られますが、もしもagaという病気が介在した薄毛であれば医療機関を受診して専門の治療を受ける必要があります。このagaは、頭皮の特殊な酵素と男性ホルモンが反応して、頭髪の成長を妨げるような物質を作りだしてしまうという病気のこと。もしもこれを発症しているのにスカルプシャンプーや育毛剤などを使い続けていても、根本的なところをきちんと治療して改善することができません。医療機関を受診するとまず精密検査によってagaかどうかを確認できますし、また医師の専門的な見立てによって生活習慣に関してアドバイスを受けたり、薬を使ったaga治療を受けることも可能です。この場合、果たしてどのような薬を用いてaga治療を行うのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

プロペシアを使って頭髪の成長を正常化することが何よりも大事

多くの薄毛治療専門クリニックにおいて用いられるaga治療の薬として有名なものにはフィナステリドという成分を配合したものがあります。これは前立腺肥大症の特効薬開発中に偶然にも発毛効果が認められ、その後の研究結果によってagaの薄毛を改善する上でも大きな効果があることがわかりました。とりわけ日本で用いられるのがプロペシアという錠剤です。これを服用すると頭皮に存在する特殊な酵素の働きを抑制することができるようになり、これが男性ホルモンと反応して頭髪の成長サイクルを阻害する物質を作り出すのを防ぐことができます。1日1錠ずつを服用することで、多くの人は数ヶ月から半年ほど経つと頭髪の確かな変化や薄毛部分の発毛を実感できるようになります。ただしこのプロペシアには副作用の危険もありますので、使用する中で違和感を持った際にはすぐに医師に相談することが重要です。

ミノキシジルを使って頭髪にしっかり栄養分を供給することも重要

agaの症状に陥ると頭髪の毛根部分にきちんと栄養分が行き渡らなくなり、細胞分裂の鈍化に伴って成長サイクルが大きく乱れることとなります。ここでプロペシアによってサイクルが正常化するのと同時に、ミノキシジルを配合した育毛剤を活用することで毛根にしっかりと栄養分が行き渡るようにします。ミノキシジルを使うと毛細血管が拡張され、その内部を循環する血液の分量も増加。これに伴い血液に含まれる栄養分の量も増えることになります。こうしてこれまで栄養不足に陥っていた毛根部分に栄養分がしっかりと供給されると細胞分裂も活発化し、これまで衰えていた頭髪が健康的に成長するようになります。ただしこのミノキシジルにもまた副作用の心配があります。まずは使い続ける中で違和感を覚えた時にはすぐに医師に相談して不安材料を取り除くことが重要です。