薬でのaga治療の効果を徹底検証

aga(男性型脱毛症)による薄毛を改善したい時には、薬でのaga治療を行う方法が一般的です。agaの治療に使う薬には内服するタイプと外用するタイプがあり、薄毛治療クリニックで処方してもらえます。さて、クリニックで処方を受けてagaの治療を行おうと決めた場合、その効果がどれ位出るのかは気になる点でしょう。治療効果がどの位出るのかはそれぞれの人によって個人差がありますが、薄毛治療クリニックのホームページではagaを治療している患者さんの治療前と後の写真を載せていることがあるため、それを見ればそのクリニックで処方を受けることによって効果が期待出来そうかどうかを判断出来ます。agaを治すためには市販の育毛剤で治療するよりも、クリニックで処方を受ける方が改善効果は期待出来るので、まずは薄毛治療クリニックを受診することから始めましょう。

フィナステリドの効果を検証する

aga治療の薬として一番良く使われているのが、フィナステリドという有効成分が配合されたもので、飲むタイプになります。このフィナステリドの効果は、aga患者さんが飲むと、ヘアサイクルを狂わせる原因物質であるDHTが生成されることが抑えられるため、抜け毛が減り、髪が通常の成長期をたどるようになって、agaの影響で細くなっていた髪が太く長くなり薄毛が改善するという良い変化が起こるものとなっています。フィナステリドはどの位の人に効果があるのかについては、臨床試験では1年間服用した人の内、58%ほどが薄毛の改善効果を感じており、その他にもフィナステリドを服用することで薄毛がそれ以上進行しなかったという人が多くの割合を占めていたという結果が出ています。また、この試験では、2年3年と長く飲み続けるほどに薄毛改善の効果を実感する割合が増えるという結果も出ているので、フィナステリドはagaの改善に効果が期待出来ると考えられます。

ミノキシジルは効果が期待出来るのか

ミノキシジルもagaの治療によく使われる成分で、頭皮に塗って使う外用タイプと飲むタイプがあります。ミノキシジルはフィナステリドと組み合わせて処方するクリニックも多くあり、この2つを同時に使うことで高い治療効果が期待出来るとされています。ミノキシジルの効果は、外用タイプなら頭皮に塗ることで血行が促進されて髪の成長につながったり、発毛因子に働きかけて発毛を促進出来るというものです。ミノキシジルとフィナステリドを併用して薄毛が改善した人の写真は、薄毛治療クリニックのホームページでも症例写真としてよく紹介されているので、効果は期待出来ると言えるのではないでしょうか。aga治療の薬として主に使われているのはこの2種類の成分になりますが、クリニックによってはそれらに加えて髪の成長に必要なビタミンなどをサプリメントとして処方することもあります。髪の悩みを持つ人は、医師に自分の頭皮を見せたり、生活習慣などを相談することで処方を受け、気長に薄毛治療をしていきましょう。