aga治療と薬の関係を調べました

男性の薄毛の大部分は、額から頭頂部にかけての範囲に集中していることが特徴で、M字ハゲやO字ハゲなどと呼ばれています。これは、agaという症状の典型的な形態で、遺伝とホルモンとが発症に関与しており、かつてはどうすることも出来なかったために受け入れるしかありませんでした。しかし、現在では全体的な仕組みについてほぼ解明されており、改善効果を期待できる治療薬も開発されています。このために、医療機関でのaga治療も本格的にスタートしており、諦めてしまわなくても良い状況となっています。そこで、今回は薄毛に悩んでいる人に向けて、どの様な仕組みで薄毛が進行するのかや、それをどのようにして予防するのかなど、aga治療と薬との関係について説明いたします。

aga治療で使用する内服薬の内容

テレビのコマーシャルでもおなじみの医療機関によるaga治療は、既にスタートしてから10年以上の年月が経過しており、多くの人が効果を体感しています。その中心として使用されているのが、プロペシアという内服薬で、飲む育毛剤とも呼ばれています。このプロペシアの作用機序は、5α-reductaseという還元酵素の活性を阻害するというもので、頭皮や髪の毛に対して直接的に働きかけるというわけではありません。しかし、これによりagaの原因物質のDHTの生産が抑制されるので、結果的に薄毛の進行が止まることになります。ちなみに、プロペシアを厚生労働省が承認する際に1年間かけて実施した臨床試験によると、被験者の58パーセントに軽度以上の改善、98パーセントの人に不変以上の効果が発揮されたことが確認されています。

プロペシアを用いた治療にかかる費用

agaは、最終的には生え際から頭頂部までの髪の毛が全てなくなってしまうまで進行するので、三田、目は大きく変わってしまいます。このために、異性からの評価がかなり厳しくなるなど社会的な影響を避けることは出来ませんが、基本的には単なる生理的な現象に過ぎないので寿命が縮むような心配はありません。このために、これを改善するために医療機関で実施される治療については、健康保険が適用されない自由診療に分類されるので、費用は全て自己負担となります。また、金額設定はクリニックが自由に行うことが出来るので、クリニックごとに費用には違いがあります。ちなみに、プロペシアの平均的な相場は1か月分で7,000円前後であり、これに診察費を加えたものがagaの治療の大体の値段ということになります。このことから平均的な相場は、8,000円から10,000円程度というところです。

額の生え際が後退してきたなと感じたらAGAかもしれません! 脱毛症の治療薬ミノキシジルは、髪の毛を太く長くする効果があります。 入浴後の頭皮マッサージは、抜け毛予防に効果的! もともと高血圧治療剤だったミノキシジルですが、今は薄毛の治療薬としても広く使われています。 発毛治療に使われる薬剤ミノキシジルは、脱毛症に効果的! agaは専門医の治療で治すことのできる症状です。 aga治療に効く薬を見極めよう